大阪・奈良で健康づくりやお稽古ごとにチャレンジできるカルチャースクール。総合カルチャーセンター 近鉄文化サロン

近鉄文化サロン阿倍野

  • 入会と受講のご案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ

共催・連携講座

共催・連携講座のスケジュール
    
講座カテゴリー
 
皇學館大学共催講座
帝塚山大学共催講座
大谷大学共催講座
奈良大学共催講座
奈良女子大学共催講座
彦根市連携講座
近畿文化会企画・歴史街道倶楽部協力 歴史・文化セミナー
(公財)元興寺文化財研究所共催講座
公益財団法人大阪府文化財センター共催講座
滋賀県立安土城考古博物館共催講座
吉野歴史資料館連携講座

※状況により、講座を延期、中止する場合がございます。

皇學館大学共催講座
皇學館大
皇學館大学は、伊勢の神宮における長い神道研究の伝統を源流としていますが、明治15年、神宮祭主久邇宮朝彦親王の令達によって、神宮の学問所である林崎文庫に開設された「皇學館」を直接の起源としています。
明治33年に神宮祭主の賀陽宮邦憲王からいただいた令旨には、わが国の歴史に根ざした道義と学問とを学び、実際の社会の中で実践し、文明の発展に貢献するという、まさしく本学の建学の精神が記されています。その根本精神は、現在も皇學館大学の中に脈々と受け継がれています。
【皇學館大学のご案内】
文学部(神道学科・国文学科・国史学科・コミュニケーション学科)
教育学部(教育学科)・現代日本社会学部(現代日本社会学科)
大学院(文学研究科・教育学研究科)・専攻科(神道学専攻科)
〒516-8555 三重県伊勢市神田久志本町1704 伊勢市駅(JR・近鉄)、宇治山田駅(近鉄)より徒歩約15分
TEL:0596-22-0201 FAX:0596-27-1704 ホームページ https://www.kogakkan-u.ac.jp/
日本人の心のふるさと伊勢の地で、神道学を中心に学術研究活動で優れた実績を残す皇學館大学。
神道の入門やその歴史など日本文化の核心に触れていただき、「日本文化の歴史」に親しんでいただきます。
 
1日・短期講習会 ※入会金は不要です
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
  ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初の開催日から一部変更になりました。
9/12(土) 皇室の基礎知識Ⅳ -天皇陵の歴史-
「百舌鳥・古市古墳群」がユネスコの世界遺産に登録されましたが、その多くは天皇陵や皇族墓として祭祀が続けられています。本講座では、古代から近代にかけて、皇室の歴史とともに変遷してきた天皇陵の基礎知識について、わかりやすくお話ししたいと思います。

【講師】 文学部神道学科教授 松本 丘
【時間】 15:30~17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
9/19(土) 伊勢神道の成り立ち
「神道とは何か」「神道はいつ成立したのか」これはとても難しい問題です。本講座では、縄文時代のアニミズム以来の伝統を踏まえつつ、仏教伝来の影響を受けて、中世前期、鎌倉時代に「伊勢神道」が成立してくる過程をお話ししようと思います。

【講師】 文学部国史学科教授 岡野 友彦
【時間】 15:30~17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
9/26(土) 日本書紀の成立 神話と歴史
『日本書紀』は国のはじまりから持統天皇の時代までをまとめた歴史書で、養老四年(720)に完成しました。歴史書とはいいながら、神話から歴史へと展開する組み立てに特徴があります。この『日本書紀』の成り立ちについてお話しいたします。

【講師】 文学部国史学科教授 遠藤 慶太
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
10/3(土) 『日本書紀』と天武天皇
通説では、『日本書紀』の編纂は天武天皇の発案によるものだと云われています。では、天皇は、いったいどのような目的から『日本書紀』を企画したのでしょうか。そして、同じく天皇が始めたという『古事記』とはどのような関係があるのでしょうか? 第一回の講座では、この点を中心に、記紀の成立について考えたいと思います。

【講師】 研究開発推進センター副センター長/教授 荊木 美行
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
10/24(土) 消えた「系図一巻」
『日本書紀』が養老4年に完成したときには、本文30巻とともに「系図一巻」が存在したといいます。しかし、この系図は現在ではみることができません。では、どうして系図は滅びてしまったのでしょうか。そこにはなにが書かれていたのでしょうか? 第二回の講座では、『日本書紀』の系図の謎に迫ります。

【講師】 研究開発推進センター副センター長/教授 荊木 美行
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
11/14(土) 伊勢神宮と東大寺
奈良時代に創建された東大寺は、源平の争乱で大仏殿諸共焼失するも、鎌倉時代初期に見事再建されます。この復興に際して、東大寺の僧侶達による伊勢の神宮への崇敬が高まりました。それは一体何故なのか。歴史をひもときつつ、考えて参りたいと思います。

【講師】 文学部国史学科教授 多田 實道
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
11/28(土) 『伊勢参宮名所図会』を読む
『伊勢参宮名所図会』は江戸後期に刊行された絵入りの伊勢参宮ガイドブックです。このシリーズでは「くずし字」で書かれた解説を読み解きつつ、近世伊勢参宮道中の世界に皆さんをご案内したいと思います。今回は鈴鹿から津の一身田まで。これで巻二を読み終えます。

【講師】 文学部国史学科教授 岡野 友彦
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
12/5(土) 『日本書紀』の「別巻」をめぐって-奈良時代のアーカイブ-
『日本書紀』には、本文30巻と「系図一巻」のほかに、「別巻」というものが存在したことがわかっています。これも、いつの時期にか散佚してしまい、現在ではみることができません。では、「別巻」はなにを記した巻だったのでしょうか? 本文とはどんな関係にあったのでしょうか。第三回の講座では、「別巻とはなにか」という問題を取り上げます。

【講師】 研究開発推進センター副センター長/教授 荊木 美行
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
12/26(土) 神道と仏教「社寺と妙見信仰」
現在、日本には各地に「妙見さん」と呼ばれる寺院や神社があります。北極星をめぐる信仰です。しかし古来、日本には星宿を崇拝する信仰はなかったと考えられています。本講座では妙見信仰の淵源と、日本における受容の歴史と広まり、主要な社寺を紹介します。

【講師】 皇學館大学 学長・文学部神道学科教授 河野 訓
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
1/9(土) 古代摂津国の伝説と風土記
奈良時代に成立した風土記の一つである「摂津国風土記」は、部分的に引用された逸文(いつぶん)として残されています。本講座では、あまり知られていない「住吉」「姫島」「夢野」「美奴売の松原」などの風土記伝説についてお話ししたいと思います。

【講師】 現代日本社会学部現代日本社会学科教授 橋本 雅之
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
 
2/6(土)
3/20(土・祝)
『日本書紀』を読む
『日本書紀』は、養老四年(720)に撰進された我が国最古の官撰正史で、令和二年に撰進千三百年を迎えました。今回は、全三十巻のうち巻第十一を読みます。巻第十一は第十六代仁徳天皇一代記です。その中から、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)との皇位の譲り合い、人民の課役を免除し聖帝と讃えられたこと、磐之媛(いわのひめ)皇后との不和、隼別皇子(はやぶさわけのみこ)と雌鳥皇女(めとりのひめみこ)謀反、雁の産卵、飛騨の宿儺(すくな)などの話をご一緒に読み進めていきます。

2月6日(土) 仁徳天皇(1)
3月20日(土・祝) 仁徳天皇(2)

【講師】 文学部国文学科教授 大島 信生
【時間】 15:30〜17:00
【受講料】 会員:1,320円、一般:1,650円
帝塚山大学共催講座
【帝塚山大学のご案内】
本学は1964年に開学し、今年で56周年を迎えた奈良県最大の文系総合大学。奈良・東生駒キャンパスには文学部、経済経営学部、法学部、大学院人文科学研究科があり、奈良・学園前キャンパスには心理学部、現代生活学部、教育学部、大学院心理科学研究科を設置している。
「実学の帝塚山大学」を標榜し、フィールドワークなどの実践的な教育や学生の主体的な学習を促す「プロジェクト型学習」を積極的に推進している。総合大学だからこそ可能な学際的「奈良学」研究を通じて、地域の活性化に取り組むなど特色ある教育・研究を行っている。
本学主催の公開講座は、http://www.tezukayama-u.ac.jp/social/lectures/をご覧ください。
奈良・東生駒キャンパス
〒631-8501 奈良市帝塚山7-1-1 TEL:0742-48-9122
奈良・学園前キャンパス
〒631-8585 奈良市学園南3-1-3 TEL:0742-41-4716
 
奈良学講座「大王と豪族たち」
『日本書紀』30巻は720年5月に完成、奏上されました。今年は完成1300年に当たります。大和王権では大王が最高の権力者でしたが、さまざまな豪族たちも重要な役割を果たしました。王位の継承や時々に起きた事件なども、豪族たちの存在を抜きに語ることはできません。この講座では5~7世紀に活躍した有力な豪族を取りあげたいと思います。研究上でも、複雑な議論も少なくなく、人による理解の違いも大きな時代ですが、できるだけわかりやすく講義していきたいと思います。最終回には、石上神宮周辺(奈良県天理市)で現地講義を行います。

【講師】 文学部日本文化学科教授・奈良学総合文化研究所長 鷺森 浩幸
【時間】 [第1回]7月27日(月)10:30~12:00 葛城氏
[第2回]8月10日(月・祝)10:30~12:00 和珥氏
[第3回]8月24日(月)10:30~12:00 物部氏
[第4回]9月21日(月・祝)10:30~12:00 大伴氏
[第5回]10月26日(月)10:30~12:00 蘇我氏
[第6回]11月9日(月)10:30~12:00 現地講座 石上神宮周辺(集合10:30 石上神宮大鳥居付近)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初の開催日から変更になりました。
【受講料】 全6回 会員:8,030円、一般:10,010円
※現地までの交通費等は別途
※1回単位でも受講できます。
(第1回~第5回)会員:各1,320円、一般:各1,650円
(第6回 )会員1,430円、一般1,760円
飛鳥
 
帝塚山大学考古学研究所・附属博物館連続講座
「瓦は語るⅩ-川原寺と橘寺-」
遺跡から出土する瓦は歴史の生き証人です。シリーズ10回目となる連続講座「瓦は語る」では、7世紀後半に天智天皇が母、斉明天皇の供養のために建立した飛鳥の川原寺と聖徳太子草創の歴史を伝える橘寺をとりあげ、瓦からみえる両寺の造営事情に迫ります。また、現地講座では飛鳥の川原寺と橘寺を訪ねます。

【講師】 文学部日本文化学科教授・考古学研究所長・附属博物館長
清水 昭博
【時間】 [第1回]7月13日(月)10:30~12:00「川原寺」
[第2回]8月17日(月)10:30~12:00「橘寺」
[第3回]9月7日(月)10:15~11:45頃 現地講座「川原寺と橘寺を歩く」(集合10:15奈良交通バス「川原」バス停)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初の開催日から変更になりました。
【受講料】 全3回 会員:4,070円、一般:5,060円
※現地までの交通費・拝観料等は別途
※1回単位でも受講できます。
(第1回・第2回) 会員:各1,320円、一般:各1,650円
(第3回) 会員1,430円、一般1,760円
 
1日・短期講習会 ※入会金は不要です
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
9/28(月) 南北朝時代の軍忠状を読む
南北朝時代(1336年~1392年)、各地の合戦に参加した武士たちは、恩賞を手にするために自身の勲功を書き記した「軍忠状」と呼ばれる文書を作成しました。軍忠状は南北朝時代の軍事制度や合戦の実態を知る手がかりとして、中世史研究においても利用されています。本講座では、軍忠状からどのようなことがわかるのか、南北朝時代の武士たちはどのように戦ったのか、などについて紹介していきます。

【講師】 文学部日本文化学科准教授 花田 卓司
【時間】 10:30〜12:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4/13から変更になりました。
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
日下部重方軍忠状案
(「東寺百合文書」ぬ函:京都府立京都学・歴彩館東寺百合文書WEBより)
 
10/12(月) 十一面観音像の魅力 -かたちと祈り、神と仏-
十一面観音は、平城遷都以前にその造像がはじまり、平安時代以降、日本文化に根づいていった仏です。国宝の十一面観音像は7体を数えますが、近江湖北の山里など、列島各地に遺品が伝わります。この講座では、ほまれ高い名作から風変わりな作例まで、全国のさまざまな十一面観音像をとりあげ、やがて神仏習合にもおよんでいった、かたちと祈りの魅力をご紹介します。

【講師】 文学部日本文化学科准教授 杉﨑 貴英
【時間】 10:30〜12:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6/15から変更になりました。
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
木造十一面観音立像
西福寺(京都府井手町井手)蔵
 
9/6(日) 老舗の事業承継とCSR
日本は世界随一の老舗大国であり、近年、老舗企業の長期持続性が世界から注目を集めている。日本国内において特に老舗企業への学術的・社会的関心が高まるのは2000年代以降のことである。一つには、その時期に中小企業(そのほとんどがファミリー企業)の事業承継問題が喫緊の社会的課題となるなかで、老舗企業の豊富な事業承継経験が貴重な事業承継モデルとみなされ、それへの関心が高まるという動きがあり、いま一つには、やはりその時期に欧米よりCSR(企業の社会的責任)概念が導入されるなかで、老舗企業の家訓・経営理念が日本型CSRの源流とみなされ、それへの関心が高まるという動きがあった。本報告では、京都の事例を中心に、老舗企業の事業承継経験ならびに家訓・経営理念のあり方について紹介する。

【講師】 文学部文化創造学科教授 河口 充勇
【時間】 10:30〜12:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
 
9/14(月) 歴史から小説へ -森鷗外「堺事件」をめぐって-
森鷗外『堺事件』(大正3)は、慶応4年に起きた堺事件に取材して書かれた作品です。鷗外の文学活動は『舞姫』(明治23)に代表されるドイツ三部、演劇改良運動、坪内逍遙との没理想論争など、多岐にわたりますが、時代が明治から大正に移るとともに、歴史小説へと変わっていきます。この講座では、鷗外の創作方法や作品史、また、本作の後世への影響など、さまざまな角度から『堺事件』という作品を照射してみたいと思います。

【講師】 文学部日本文化学科准教授 西尾 元伸
【時間】 10:30〜12:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
堺事件の碑
大谷大学共催講座
大谷大学
京都市北区に本部キャンパスを置く大谷大学では、自分自身と向き合いながら身近な他者を尊重し、ともに生きることのできる学生を育てます。国際化が進む中、2021年4月に国際学部が誕生します。
【大谷大学のご案内】
〒603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8161 FAX:075-411-8162 ホームページ http://www.otani.ac.jp/
Be Real
文学部

○真宗学科 ○仏教学科 ○哲学科
○歴史学科 ○文学科

社会学部

○現代社会学科
○コミュニティデザイン学科
[地域政策学・社会福祉学]

教育学部

○教育学科
[初等教育・幼児教育]

 
『倶舎論』を著した世親の肖像
五世紀のインドに登場した世親(天親/ヴァスバンドゥ)という仏教の思想家は『倶舎論(くしゃろん)』という書物を著し、仏教の思想界に大きな衝撃を与えました。この講座は、世親に焦点をあてた仏教思想入門講座です。第1回は、「仏教は何を課題として始まったのか」ということを視野において、世親の生涯を辿ります。第2回は、世親の主著である『倶舎論』という書物の魅力について語ります。『倶舎論』を通して、世親の肖像に迫りたいと思います。
11月30日(月)
[第1回]世親の生涯
12月7日(月)
[第2回]『倶舎論』の衝撃

【講師】 大谷大学文学部 教授 箕浦 暁雄
【時間】 10:30~12:00
【受講料】 全2回 2,640円
※1回単位の受講もできます。1回 1,504円
奈良大学共催講座
【奈良大学のご案内】
日本で初めて本格的な都が置かれた地、奈良。今もなお、豊かな歴史と文化の香りが満ちています。奈良大学は、そんな恵まれた歴史的風土を背景に、創設以来の「生きた学問」の実践(教育・研究)とともに、多くの専門人材を輩出しています。是非、講座では「生きた学問」からみる奈良・歴史・文化を体験してみてください。
【学部】
●文学部



●社会学部
国文学科
史学科
地理学科
文化財学科
心理学科
総合社会学科
【大学院】
●文学研究科


●社会学研究科
国文学専攻
文化財史料学専攻
地理学専攻
社会学専攻 社会文化研究コース
臨床心理学コース
【通信教育部】
●文学部 文化財歴史学科
〒631-8502 奈良市山陵町1500
TEL:0742-44-1251 FAX:0742-41-0650 URL:http://www.nara-u.ac.jp/
 
1日・短期講習会 ※入会金は不要です
 
奈良の歴史再発見
奈良大学では、今まで知らなかった奈良に出会う場として、「奈良の歴史再発見」と題した、奈良の魅力を紹介する講座を4回シリーズで開催いたします。奈良の歴史や遺跡・寺社等をテーマに、それぞれの専門分野に詳しい講師陣が分かりやすく解説。奈良をより楽しめる内容で、どなたにもご参加いただける講座です。
第1回
10月17日(土)
奈良町の中将姫信仰とその背景について 奈良大学 名誉教授 浅田 隆
第2回
11月21日(土)
長屋王家木簡の発掘から30年 奈良大学 名誉教授 寺崎 保広
第3回
12月19日(土)
小山田遺跡と甘樫丘遺跡群 文学部 文化財学科 准教授 相原 嘉之
第4回
2月20日(土)
中宮寺跡
-聖徳太子ゆかりの尼寺の創建地-
斑鳩町教育委員会
生涯学習課 文化財係長
荒木 浩司
【時間】 13:30〜15:00
【受講料】 全4回 会員 5,280円、一般 6,600円
1回単位でも受講できます。会員:各1,320円、一般:各1,650円
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
10/17(土) 奈良町の中将姫信仰とその背景について
中将姫とは、生身の阿弥陀様にお会いしたいと一心に念じ続けた結果、侍女に扮した観音菩薩を従え阿弥陀如来が尼の姿となって降臨したという説話の主人公。伝統的な建造物が建ち並ぶ奈良町の中に、その中将姫を信仰する寺院群があります。中将姫信仰(伝承)の成立とその背景を、画像を交えながら考えてみたいと思います。

【講師】 奈良大学 名誉教授 浅田 隆
【時間】 13:30〜15:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
 
11/21(土) 長屋王家木簡の発掘から30年
奈良時代初期の宰相・長屋王の邸宅跡が発掘で確認されたのが30年前のことで、その時に出土した大量の木簡が「長屋王家木簡」です。それによって、日本の木簡研究が大きく進みました。今回は、「長屋王の生涯」「長屋王家木簡の内容」「木簡の意義」などについて、お話します。

【講師】 奈良大学 名誉教授 寺崎 保広
【時間】 13:30〜15:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
 
12/19(土) 小山田遺跡と甘樫丘遺跡群
2015年、明日香村川原にある小山田遺跡で、一辺80mにもなる巨大な方墳(小山田古墳)が見つかりました。その規模や榛原石を使用していることなどから、舒明天皇の初葬陵や蘇我蝦夷の大陵ではないかと言われています。今回は、甘樫丘の遺跡群から、小山田遺跡の謎解きを試みたいと思います。

【講師】 文学部 文化財学科 准教授 相原 嘉之
【時間】 13:30〜15:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
 
2/20(土) 中宮寺跡-聖徳太子ゆかりの尼寺の創建地-
国宝の菩薩半跏像などで有名な中宮寺は、夢殿がある「法隆寺東院伽藍」の北東方向にありますが、ここは後世に移転したところで、はじめに建てられた場所が中宮寺跡です。中宮寺跡ではこれまで14回にわたり発掘調査が行われ、多くの発見がありましたが、なかでも重要な成果があった塔跡の調査を中心に紹介します。

【講師】 斑鳩町教育委員会 生涯学習課 文化財係長 荒木 浩司
【時間】 13:30〜15:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
奈良女子大学共催講座
【奈良女子大学のご案内】
前身は官立・女子高等師範学校(女高師)。 明治以来、女子教育の国立トップ校でした。
その伝統を受け継ぎ、文・理・生活環境(旧 家政)の3学部および大学院にて、女性リーダーの養成、最先端の研究・教育を行っています。
【文学部】
人文社会学科 言語文化学科 人間科学科
【理学部】
数物科学科 化学生物環境学科
【生活環境学部】
食物栄養学科 心身健康学科 情報衣環境学科 住環境学科 生活文化学科
【大学院】人間文化総合科学研究科
〈博士前期課程〉
人文社会学専攻 言語文化学専攻 人間科学専攻 食物栄養学専攻 心身健康学専攻 情報衣環境学専攻
住環境学専攻 生活文化学専攻 数物科学専攻 化学生物環境学専攻 生活工学共同専攻
〈博士後期課程〉
人文科学専攻 生活環境科学専攻 自然科学専攻 生活工学共同専攻
〒630-8506 奈良市北魚屋東町 TEL:0742-20-3204 FAX:0742-20-3205 URL:http://www.nara-wu.ac.jp
 
1日・短期講習会 ※入会金は不要です
 
『伊勢物語』の世界
平安時代の歌物語『伊勢物語』は、古来多くの人々に読まれ、その後の日本の文学・美術・思想などに大きな影響を与えました。この講座では、『伊勢物語』の原文を実際に読んで味わいながら、『伊勢物語』がさまざまな文化現象をかたちづくる源泉となったことについて考えます。
10月24日(土)
第1回『伊勢物語』と旅の文学史――「東下り(あずまくだり)」を中心に
11月28日(土)
第2回 世界で一番美しい本嵯峨本『伊勢物語』
12月26日(土)
第3回『伊勢物語』から『源氏物語』へ――「初冠(ういこうぶり)」を中心に
【講師】 (第1回、第3回) 文学部 言語文化学科 教授 岡﨑 真紀子
(第2回) 文学部 言語文化学科 教授 鈴木 広光
【時間】 13:30〜15:00
【受講料】 全3回 会員:3,960円、一般:4,950円
※1回単位でも受講できます。会員:各1,320円、一般:1,650円
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
10/24(土) 第1回『伊勢物語』と旅の文学史――「東下り(あずまくだり)」を中心に
『伊勢物語』の「男」が、都を離れて東国へ下ることを語った「東下り」の章段は、屏風や絵巻などの形で絵画化されました。また、歌人や連歌師、芭蕉がしるした紀行文にも影響を与えています。それらを具体的に紹介しながら、『伊勢物語』がかたちづくった文化のひろがりを見てゆきましょう。

【講師】 文学部 言語文化学科 教授 岡﨑 真紀子
 
11/28(土) 第2回 世界で一番美しい本嵯峨本『伊勢物語』
嵯峨本は、江戸時代の初め、京都豪商の角倉素庵が主導して木活字で印刷された書物の総称です。嵯峨本は装丁、挿絵、活字書体の美しさで知られていますが、中でも嵯峨本『伊勢物語』の日本の印刷史上、いや世界を見渡しても美しさは群を抜くものです。 その美しさは何によるものか、対象に伊勢物語が選ばれたのはなぜなのか、などの疑問を解明しながら、古典の継承の意味を考えてゆきましょう。

【講師】 文学部 言語文化学科 教授 鈴木 広光
 
12/26(土) 第3回『伊勢物語』から『源氏物語』へ――「初冠(ういこうぶり)」を中心に
『伊勢物語』とならんで、平安時代を代表する物語に『源氏物語』があります。『源氏物語』には、『伊勢物語』の影響が随所に認められます。いっぽう、二つの物語にはもちろん違いもあります。それでは『伊勢物語』と『源氏物語』はどのような関係にあるのでしょうか、考えてみましょう。

【講師】 文学部 言語文化学科 教授 岡﨑 真紀子
彦根市連携講座
世界文化遺産暫定リスト記載
彦根城を学ぶ
-令和2年度下半期 テーマ:城下街-
彦根は、彦根城を中心とする城下町として栄え、豊かな文化を育んできました。令和2年度は、「世界文化遺産暫定リスト記載 彦根城を学ぶ」をメインテーマとし、城と城下町にそれぞれ焦点をあてて、専門的な視野からお話します。今回は、「城下町」をテーマにした3回シリーズです。
左:旧彦根藩足軽組屋敷辻番所(芹橋二丁目)
右:旧魚屋町筋の町家(本町宿)
1日・短期講習会 ※入会金は不要です。
 
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
10/19(月) 第1回 天守を見上げる都市 -彦根城下町の形成と発展-
日本特有の都市形態である「城下町」の建設と発展の過程を、一度の国替えもなかった井伊家の城下町、彦根を題材にして考えてみようと思います。江戸時代前期における彦根城下町の変化を都市史の流れの中で捉え直し、その要因を考えます。

【講師】 文化財課文化財係長 三尾 次郎
【時間】 10:30〜12:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
城下から見上げる彦根城天守
 
10/29(木) 第2回 下屋敷とは何か -彦根の下屋敷-
城下町の周縁部には、城主や重臣の下屋敷が置かれました。下屋敷はどんな場所だったのか。城主や重臣たちはそこで何をしたのか。彦根藩井伊家文書などを使いながら、江戸時代の彦根の下屋敷の実態に迫ります。

【講師】 彦根城世界遺産登録推進室主幹 小林 隆
【時間】 10:30〜12:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
お浜御殿(松原下屋敷)
 
11/16(月) 第3回 城下町の変貌 -彦根の復興-
日本各地の城下町は、明治時代前期に、武士の転出が相次ぎ、衰退の危機に直面しました。しかし、さまざまな復興策がとられた結果、多くの城下町が中心市街地として今に続いています。彦根城下町が衰退の危機をどのように乗り越えたのかを、写真や地図などを使いながら説明します。

【講師】 彦根城世界遺産登録推進室主幹 小林 隆
【時間】 10:30〜12:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
彦根製糸場操業の図(『犬上郡誌』より)
近畿文化会企画・歴史街道倶楽部協力  歴史・文化セミナー
宗教、哲学、歴史、文学、美術、建築など各分野からの専門家を招き、講師ならではの視点から特徴のある講義内容を展開するセミナーです。
※8月1日(土)は、講座の時間が変更になっています。ご注意ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講座を延期・中止する場合がございます。
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
8/1(土) ステンドグラスと洋館
歴史的洋館の見所は、外観、内部空間の暖炉や階段、そしてステンドグラスの三点です。微妙な色彩のガラスと鉛の曲線からなるステンドグラスは、外光の煌めきを室内に採り入れる装置だが、まさに洋館の華と .もい うべき存在です。大正から昭和初期にかけて造られたステンドグラスはアールヌーボーやセセッションの影響もあって、得もいえぬ美を醸します。今回は、研究歴40年の筆者が撮影した数々のステンドグラスを初公開します。

【講師】 京都華頂大学 教授 川島 智生
【時間】 14:00~15:30
【受講料】 会員1,100円、一般1,650円
 
8/8(土) 記憶にとどめたい大阪の戦争遺跡
先の大戦が終結して75年を迎えます。終戦当時、大阪の各所にあった陸海軍施設はほとんど姿を消し、地域住民の世代交代や移動も加わって、記憶・関心が著しく低下しました。ところが戦後50年を迎えた頃から、後世に伝えるための地道な記録活動や保存活動が始まり、今日に至っています。今回はこれらの活動や発掘調査の成果を交え、大阪に残る主な戦争遺跡を見つめ直そうと思います。

【講師】 (公財)大阪府文化財センター 主査 駒井 正明
【時間】 13:00~14:30
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、7/4から変更になりました。
【受講料】 会員1,100円、一般1,650円
 
9/5(土) 筒井順慶と明智光秀
大河ドラマの主人公明智光秀は、織田信長家臣団の最上位に位置し、その管轄範囲から「近畿管領」「近畿方面軍司令官」とも呼ばれます。光秀は大和の筒井順慶をバックアップし、検地と城破で社会を変えていきました。一方、光秀と豊臣秀吉の決戦「山崎の戦い」で、順慶は日和見を決め込んだと言われています。二人の関係は一体どのようなものだったのか、日本の歴史を変えたかもしれない順慶の事情を見ていきます。

【講師】 天理大学 准教授 天野 忠幸
【時間】 13:00~14:30
【受講料】 会員1,100円、一般1,650円
 
10/3(土) 豊臣氏の栄枯盛衰を見つめた京の大仏 ―考古学からみた方広寺の実態-
京都国立博物館の南西の交差点に「大仏前交番」があります。これは豊臣秀吉が東山に造営した「大仏」に由来するものですが、この事実は意外と知られていません。「大仏」は後に方広寺と呼ばれ、秀吉の権威の象徴でもありましたが、数奇な運命をたどり、皮肉にも「国家安康」「君臣豊楽」の梵鐘銘が豊臣氏滅亡のきっかけとなったことはあまりに有名です。今回は発掘調査で明らかとなった幻の大仏、方広寺の実態に迫ってみたいと思います。

【講師】 近畿大学 教授 網 伸也
【時間】 13:00~14:30
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6/6から変更になりました。
【受講料】 会員1,100円、一般1,650円
(公財)元興寺文化財研究所共催講座
元興寺文化財研究所協力講座
元興寺文化財研究所は、元興寺で発見された貴重な「中世庶民信仰資料」の整理と性格究明、保存を目的として設置された調査室を前身としています。1961年には国内初の近代的手法による出土木製品の保存処理を実施するなど、半世紀以上にわたって民間唯一の総合的な文化財研究機関として指定文化財や身近な民俗資料など日本各地の様々な文化財の保存処理や調査研究を手掛け、文化財保存の先陣を切ってきました。
2016年には各種文化財の調査・修復・保存処理・科学分析を一手に担う「文化財の総合病院」として総合文化財センターを開設し、X線CT撮影装置などの最新機器の導入による新たな分析技術・保存処理技術の開発や、文化財保護の普及にも取り組んでいます。
【元興寺文化財研究所のご案内】
〒630-8304 奈良市南肘塚町146-1
TEL:0742-23-1376 FAX:0742-27-1179
ホームページ:https://www.gangoji.or.jp/
1日・短期講習会 ※入会金は不要です
 
近畿の寺々Ⅰ-文化財調査が解明した歴史と信仰-

元興寺文化財研究所は、元興寺で発見された仏教民俗資料を研究し保存処理するために創設され、以来半世紀にわたって日本各地の寺社に所蔵される文化財の調査や修復を行っています。本講座では、研究所・各研究員が手掛けた調査・研究の最新成果に基づいて、近畿地方の諸寺の歴史と信仰について分かりやすく解説します。

【講師】 元興寺文化財研究所研究員
【受講料】 各1回 会員1,320円、一般 1,650円
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初の開催日から変更になりました。

 
9/8(火) 四天王寺亀井堂と飛鳥 -亀がつなぐ時空-
四天王寺境内には亀井堂と呼ばれる堂があり、ここには亀の形をした石槽があります。2019年、四天王寺と当研究所の調査でこの石槽が7世紀のものである可能性が明らかになり、大きな話題を呼びました。その調査・研究の内容について、担当研究員の生の声をお届けします。

【講師】 総括研究員 佐藤 亜聖
【時間】 13:30~15:00

四天王寺亀形石槽、四天王寺蔵
 
10/13(火) 漂流木伝説の「現光寺縁起絵巻」を読み解く
奈良県大淀町比蘇にある世尊寺は、古くは比蘇寺あるいは現光寺と呼ばれていた白鳳期草創の寺院です。その本尊は、光と音を放ちながら海上に漂い来たった霊木を仏像に刻んだと伝えるもので、縁起・霊験と歴史を絵巻二巻としています。これを読み解いてゆきます。

【講師】 総括研究員 高橋 平明
【時間】 13:30~15:00

『現光寺縁起絵巻』、世尊寺蔵
 
11/10(火) 元興寺経(藤原夫人願経)を読み解く -大陸からの仏教的世界観の受容-
聖武天皇の后である藤原夫人が、父である藤原房前の菩提を弔うために書写させた一切経が元興寺経です。同じく奈良時代に書写された一切経とお経の本文を比較しながら、大陸から日本へどのように仏典が伝わっていったのかをみていきます。

【講師】 研究員 三宅 徹誠
【時間】 13:30~15:00

『阿毘達磨倶舎論』巻第23、元興寺蔵
 
12/8(火) 東大寺金堂鎮壇具 -陽劔・陰劔の発見と除物の謎-
国宝東大寺金堂鎮壇具は明治40年~41年に大仏さまの須弥壇の周囲から発見されました。この保存修復の過程で発見された「陽劔」「陰劔」や他の出土遺物の調査分析結果から、正倉院から持ち出され、行方知らずとなった“除物”との関係に迫ります。

【講師】 総合文化財センター長 塚本 敏夫
【時間】 13:30~15:00

東大寺大仏殿
 
1/12(火) 東大寺 -慶派仏師の南都復興-
治承4年(1186)12月28日、平家の軍勢によって南都は炎に包まれ、鎮護国家の拠点たる東大寺が焼け落ちました。その復興は速やかに開始され、当時最高の仏師たちがしのぎを削りました。本講では、鎌倉時代における仏像群の復興を概観してまいります。

【講師】 研究員 植村 拓哉
【時間】 13:30~15:00

東大寺南大門
 
2/9(火) 中世の山寺と村々-霊山寺と富雄谷-
現在は壮麗なバラ庭園で知られる奈良・霊山寺。奈良時代、行基による開創を伝え、鎌倉時代の本堂(国宝)・三重塔(重文)など多くの文化財が残される、歴史的にも由緒あるお寺です。この霊山寺で近年再発見された鎌倉時代の木札文書を読み解き、地域社会の中心だった中世のお寺のあり方を探ります。

【講師】 研究員 服部 光真
【時間】 13:30~15:00

霊山寺
公益財団法人大阪府文化財センター共催講座
2020年度 でかける博物館講座のご案内
 
考古学からみる古代の生活7
【時間】 10:30~12:00
【受講料】 各1回 1,100円
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
7/16(木) 弥生と古墳の井戸 -井戸の中からみえるモノ-
【共催・連携先】 大阪府立弥生文化博物館
【講師】 学芸員 高瀬 裕太
 
8/20(木) 古墳築造と人の移動
【共催・連携先】 大阪府立近つ飛鳥博物館
【講師】 総括学芸員 市村 慎太郎
 
9/17(木) 古代中国の人びとのくらし
【共催・連携先】 大阪府立弥生文化博物館
【講師】 学芸員 飯村 円
 
10/15(木) 集落出土資料からみた 塩生産と流通
【共催・連携先】 大阪府立近つ飛鳥博物館
【講師】 総括学芸員 島崎 久恵
 
11/19(木) シカ、イノシシ、ヘビ、カエル・・・
表現された動物から古代人のこころを「発掘」する
【共催・連携先】 大阪府立弥生文化博物館
【講師】 館長 禰冝田 佳男
 
12/17(木) 威信財生産と流通 ―玉・石製品生産と流通―
【共催・連携先】 大阪府立近つ飛鳥博物館
【講師】 副館長兼学芸課長 廣瀬 時習
 
1/21(木) 弥生時代の稲作
【共催・連携先】 大阪府立弥生文化博物館
【講師】 総括学芸員 塚本 浩司
 
2/18(木) 古代の市と交易
【共催・連携先】 大阪府立近つ飛鳥博物館
【講師】 館長 舘野 和己
 
3/18(木) 古代びとのあの世への持ち物
【共催・連携先】 大阪府立弥生文化博物館
【講師】 副館長 秋山 浩三
滋賀県立安土城考古博物館共催講座
滋賀県立安土城考古博物館
特別史跡安土城跡をはじめとする「近江風土記の丘」の中心的な施設として、平成4年にオープンしました。「大中の湖南遺跡」、「瓢箪山古墳」などの考古と、「中世の城づくり」や、「安土城と織田信長」をテーマとした城郭の常設展示を行っています。
【安土城考古博物館のご案内】
〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦6678
TEL:0748-46-2424 ホームページ http://www.azuchi-museum.or.jp/
1日・短期講習会 ※入会金は不要です
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
11/5(木) 大岩山銅鐸-大量埋納された『見る銅鐸』-
野洲市大岩山から、明治14年に14口、昭和37年に10口の計24口の銅鐸が発見されました。新しい時期の銅鐸でこれほど大量に埋納された例は他にありません。大岩山銅鐸にかぎらず、集落遺跡からはなれて出土することの多い銅鐸には解明されない謎が多いが、今回は背景となる弥生後期~古墳前期の近江の様相から、大岩山銅鐸が語るものについて考えます。

【講師】 安土城考古博物館 学芸課長 伊庭 功
【時間】 10:30~12:00
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初の開催日から変更になりました。

大岩山銅鐸
吉野歴史資料館連携講座
吉野歴史資料館連携講座
吉野歴史資料館は、宮滝遺跡から出土した縄文・弥生の遺物や天武・持統天皇が度々訪れた吉野宮に関する展示を行い、吉野の歩みと文化を学ぶことができます。
【吉野歴史資料館のご案内】
●〒639-3443 奈良県吉野郡吉野町宮滝348番地
●TEL:(0746)32-1349
●FAX:(0746)32-8333
●開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
※土曜・日曜・祝祭日は事前申込なしで入館していただけますが、平日は事前の申込が必要です。
※入館予定日の1週間前までに吉野町役場文化観光交流課(TEL:0746-32-3081)へお申込みください。
●休館日:毎週月曜日・火曜日(祝日にあたる日を除く)、
祝日の翌日(土・日曜日に重なる日を除く)、12月1日〜2月末日
※コロナ禍対策のため、開館時間等が変則的になっています。詳しくはお問合わせください。
 
1日・短期講習会 ※入会金は不要です。
【会場】 近鉄文化サロン阿倍野
 
9/19(土) 修験道以前の吉野と山の信仰
吉野といえば…桜!だけじゃありません。世界遺産で山岳修行の聖地、修験道のメッカです。そのルーツをさかのぼると、修験道ができる前の時代、多様な神仏がひしめきあう古代の山岳信仰の姿がみえてきます。今回の講座では、吉野の修験道のルーツとなった古代の山岳信仰から、世界遺産・吉野の実像にせまります。

【講師】 奈良県大淀町教育委員会学芸員 松田 度
【時間】 10:30〜12:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3/21から変更になりました。
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
 
9/26(土) 吉野山と太平記 ~「吉野城軍の事」を中心に~
吉野は、記紀の時代から我が国史上の節目には必ずと言っていいほど登場します。中でも、太平記の時代は、吉野がどの地域よりも全国から注目され、ある意味で最も輝いた時代といえるでしょう。その太平記の中心部分の一つである「吉野城軍の事」の段の舞台となった大塔宮の吉野城の遺構を紹介するとともに、その戦闘の模様について推理し、独断と偏見も加えつつ解説します。

【講師】 総本山金峯山寺渉外室長・奥駈総奉行芳山一佛堂住職 田中 岳良 師
【時間】 13:30〜15:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、9/19から変更になりました。
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
 
12/19(土) 吉野宮(宮滝遺跡)の実像 -私見-
2018・2019年の宮滝遺跡の発掘調査は「吉野宮」解明に向けて大きな前進となった。正殿、後殿、脇殿を配置する宮殿の姿を現した。聖武天皇の「吉野宮」の定説化から定説へと近づいた。一方、正殿の柱を据え付けた柱穴は場所によっては数回掘り替えられていたことも発掘調査は明らかにし、正殿は建て替えられていた可能性も浮上させた。はたして、今回判明した宮殿跡は聖武天皇が造営した「吉野宮」であったかを改めて問うてみたい。

【講師】 奈良県橿原市教育委員会事務局 文化財課長 竹田 正則
【時間】 10:30〜12:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、7/18から変更になりました。
【受講料】 会員 1,320円、一般 1,650円
お問い合わせはこちらから

※写真はイメージです。
※価格は、消費税を含んだ税込価格を表示しています。

  • 秋から始まる新講座
  • 体験レッスン
  • 1日・短期講習会
  • shumian
  • まなぼスタジオ
  • あべのハルカス近鉄本店内イベント情報
  • 共催・連携講座
  • レンタルスペースのご案内
最新の折込チラシ
お問い合わせ
カルチャーチケット
交通・アクセス

〒545-0052
大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-40 and4階

お問合せ・お申込みは
お気軽にお電話で
電話 (06)6625-1771
FAX (06)6625-1770

[受付時間] 9:45~20:00

(日曜・休講日 9:45~17:30)

※12月29日(火)〜1月3日(日)は受付業務を休ませていただきます。

■休講日:9月29日(火)・30日(水)、10月29日(木)〜31日(土)、11月29日(日)・30日(月)、12月29日(火)〜1月5日(火)、3月31日(水)

地図を拡大する
講座情報(ジャンル別)
講師募集
レンタルスペースのご案内
ハロー!パソコン教室[無料体験受付中]
インスタグラムはじめました