近鉄文化サロン阿倍野

新講座

文化・歴史の講座

怪異・妖怪文化を通して見る古代律令国家の姿

日本の怪異・妖怪文化は、早くから古代の史料に登場します。多くの場合、自然災害や疫病、政変などが、荒ぶる神や鬼などの、いわゆる妖怪の原因だと考えられていました。本講座ではこれら怪異・妖怪文化史料から古代律令国家のもう一つの姿を探ります。

講師

京都先端科学大学人文学部教授
佐々木 高弘

曜日・時間

第3(木)
13:00〜14:30

受講料

月1回 3ヵ月 7,500円+税

体験レッスン


持ち物

筆記用具

途中入会

可能

備考

なし

2/21(木) 怪異・妖怪文化の研究史
3/21(木・祝) 怪異・妖怪文化と古代律令
4/18(木) 古代文献に登場する怪異・妖怪
5/16(木) 平安京と怪異・妖怪文化
6/20(木) 中世に残る古代の怪異・妖怪文化
7/18(木) 近世の城下町に継承される古代の怪異・妖怪文化
8/29(木) 近世の怪談集に見る古代の怪異・妖怪文化
9/19(木) 現代の妖怪文化に見る古代律令の痕跡

※カリキュラムは変更する場合がございます。

※写真はすべてイメージです。
※各講座とも満員になり次第締め切らせていただきます。ただし、一定の人数に満たない場合は、講座を中止させていただくこともございます。
※消費税額は、講座実施日が9月30日(月)まで8%、10月1日(火)以降は10%となります。(フリーチケット除く)