包装資材削減の取組み

[省資源・リサイクルの取組み]

スマートラッピングの推進

日本百貨店協会が提唱する「スマートラッピング」を推進しています。毎月5日を「スマートラッピングの日」と定めて、「適正包装」についてお客様のご理解とご関心を高めるため店内放送によるお客様への呼びかけを行う一方、従業員には朝終礼による周知徹底等の取り組みを行っています。

和歌山店、四日市店の取組み

和歌山店、四日市店では、それぞれ独自のカードを発行し、エコバッグ利用と手提げ袋削減運動を推進しています。手提げ袋やレジ袋をご辞退されたお客様にスタンプを押印し、スタンプがたまったお客様に環境にやさしい粗品をプレゼントしています。

近鉄百貨店オリジナルエコバッグの販売

手提げ袋やレジ袋等使用による環境負荷を軽減するため、繰り返しご使用いただける「近鉄百貨店オリジナルエコバッグ」を販売しています。

日本百貨店協会スマートクールバッグの販売

日本百貨店協会の「スマートラッピングの一環」および「被災地社会貢献事業への寄付活動」として保冷タイプの「スマートクールバッグ」を販売しています。2018年は2種類のバッグを販売し、1つは熊本城、阿蘇神社等の熊本地震被災文化財の復興支援のため、もう1つは、東日本大震災被災地の福島県の森を育てる「喜多方市森林整備加速化プロジェクト」による森林保護活動を支援するため、売上金の一部を日本百貨店協会を通じてそれぞれ寄付いたしました。