• ENTRY
  • MY PAGE

新卒採用トップ > 百貨店の仕事・先輩からのメッセージ

百貨店の仕事

  • 職種紹介
  • 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

いつも笑顔で誠意ある対応と地道な努力がお客さまの信頼を得る 新宅 健太郎 外商本部 本店外商第一部 外商第一課 外商第一係 2016年度入社

1日のスケジュール

現在の仕事内容は?
現在は家庭外商の一員として、個人のお客さまを300名ほど担当しています。まだまだ勉強することが多く大変な毎日ですが、お客さまと接する際は、笑顔で誠意ある対応ができるように心がけています。主な仕事内容は、お客さまの自宅へ伺い、商品のご提案や催しの案内をさせていただくこと。ご要望があれば、品物をご自宅までお持ちして、直接ご覧いただくこともあります。またあべのハルカス本店までお越しいただいた際には、お客さまに付き添い、店舗フロアにて接客も致します。
1日の仕事の流れを教えてください
家庭外商なので、社内にいるよりもお客さまの自宅に伺い、商談をしていることが多いです。その際、より専門的な商品のご説明をさせていただくために、その商品のメーカーの担当者と同行することもあります。事務作業は、朝の出社直後と夕方の帰社後にまとめて行うことが多いです。

入社してから今日までの経歴は?
入社後、社会人として必要な知識を身に着ける研修を受けた後、外商研修として本店外商部で約5ヶ月間、新規開拓や外商員としての基礎知識、お客さまとの接し方を学びました。その後、販売研修として奈良店のタオル売場にて約4ヶ月間、売場での対応やお客さまへのご提案、商品の発注、催事会場の準備など、様々なことを学びました。近鉄百貨店のFC事業部が運営するファミリーマートや海遊館のショップでも研修を受けた後、本店外商第一部に本配属となりました。
これまでの仕事の中で印象に残っているエピソードは?
「年末に身につける指輪を選びたい」とのご要望をお客さまから受け、秋頃からご相談させていただいておりました。ジュエリーを扱う取引先の方にも同行いただき、何度もご提案をさせていただきましたが、なかなかお気に召すものをお持ちできませんでした。毎回ご希望をしっかりとお聞きし、それに少しでも見合うジュエリーをご提案させていただいたところ、ある指輪を大変気に入っていただき、ご購入につなげることができました。私の経験不足もあり、時間はかかってしまいましたが、お客さまにご満足いただける品物をお渡しできた達成感で胸がいっぱいになったのと同時に、とても心に残る経験となりました。
百貨店の仕事の魅力を教えてください
私が所属する外商に限ったことを言うと、お客さまにどんな商品をご提案するか、すべて自分自身にかかっています。ひとつの売場ではなく、日本一の敷地面積を誇るあべのハルカス近鉄本店の全商品をご提案できるのが魅力。もちろんお客さまの好みや趣味がありますので、闇雲に薦めることはできませんが、お客さまのお顔を思い浮かべながら、品物を選び、気に入っていただけた時には、言葉では言い尽くせないほどの感動があります。
今後の目標やこれから取り組んでみたいことはありますか?
今、とても興味があるのは美術品への造詣を深めること。担当するお客さまには美術品の愛好家の方が多くいらっしゃいます。どの商品にも限らず、お客さまにご提案する際には、商品についての知識が必要になります。なかでも美術品は絵画ひとつとっても技法や歴史など、勉強することが非常に多く、道のりは長いですが、この分野に詳しい先輩もおられるので、地道に勉強していきたいと思います。

オフタイムの過ごし方は?
私は学生時代、歴史学を専攻していたこともあり歴史小説をよく読んでいます。好きな司馬遼太郎の小説をのんびり読んだり、学生時代の友人と休みが合う時にはフットサルを楽しんだりして、リフレッシュすることが多いですね。仕事帰りには、先輩や同期、後輩と飲みにいくことが多いです。車が好きなので、休日1日かけてドライブすることもあります。
どのような方に入社してもらいたいですか?
百貨店の仕事に向いているのは、アクティブな人だと思います。皆さんの想像されるように、百貨店業界は非常に華やか。しかし、実際は積み重ねが必要な地道な仕事が多く、忍耐強さや努力が必要な業界でもあります。周囲の方々と協力して、自ら成長していこうと思える人や、世の中の様々なことに興味を持ち、積極的に動ける人と一緒に働きたいですね。

私の感動体験 ご担当して間もないお客さまからお供えの注文をいただいた際、入念に品物を選び、細心の注意を払って届けさせていただきました。進物体裁はもちろんのこと、お供えは何人かで持ち寄って、また分けて持ち帰る場合もあるので、大きめの手提げ袋をご用意することに。重さで袋が破けないよう二重にできるよう倍の数を手配したところ、非常にご満足いただき、後日御礼のお電話をくださりました。このことをきっかけに、お嬢さまの嫁入り道具もご注文いただき、現在もそのお客さまとはとてもよい関係を築かせていただいています。

TOP