• ENTRY
  • MY PAGE

新卒採用トップ > 百貨店の仕事・先輩からのメッセージ

百貨店の仕事

  • 職種紹介
  • 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

個性やセンスを発揮できる、とてもワクワクできる仕事です 堺 至暢 営業統括本部 店舗リーシング・MD政策部 店舗リーシング担当 課長 1998年入社

1日のスケジュール

現在の仕事内容は?
テナントを誘致するリーシング業務を担当しています。ハルカス専門店、Hoop、andなどを担当。特に、あべのハルカス近鉄本店のさらなる改善と安定的利益の確保のため、テナント入れ替えや取引先交渉を行っています。また、日々変化するトレンドに対応して、ゾーンやフロアの計画立案やプレリーシングなど実施するとともに、ファッションをはじめ、雑貨や飲食まで、常に新しいモノ、売れそうなモノにアンテナを張っています。地域中核店におけるリモデルの積極的推進にも取り組んでおり、リニューアルプランの作成やリーシングを行っています。
1日の仕事の流れを教えてください
月曜は、この週の業務について部下と確認し、情報共有を行います。その後、会議やアポイント取りなど。火曜は商談や会議資料の作成や関連部署との打ち合わせ。水曜は資料作成などの後、関西圏の商業施設をいくつかリサーチして回ります。木曜は大抵、東京に出張していますね。新規テナント商談や既存テナントとの情報交換など、1日に4件ほどアポイントを入れ、東京の商業施設を必ずリサーチして帰ります。通りがかりに偶然みつけた展示会に寄って、挨拶させてもらうことも。金曜日は前日の出張報告書を作成し、部署内で報告。各運営担当と打ち合わせをします。
入社からの現在までの経歴は?
入社後、橿原店の婦人ミセスマート売場に配属。催事が毎週あるので、売場にはもちろん立ちますが、カウンターに入って商品をお包みする業務もやっていました。こちらには丸8年所属し、係長に昇格して橿原店の婦人ヤングウェア売場に異動。当時は派遣社員の方が25ショップで80人以上近くいたので、そのマネージメントを主に行っていました。平成21年よりMD統括本部の発足に合わせて異動になり、婦人服部婦人ヤング担当(バイヤー)に。平成23年からはあべのハルカスの新本店準備本部にて新しいテナントの誘致を行いました。
これまでの仕事の中で印象に残っているエピソードは?
新本店準備本部の時、solahaへの出店交渉(店舗リーシング)を担当。ほぼ毎週東京に行き150社以上の新規取引先と交渉を行い、その結果約35店舗を誘致することができました。従来の百貨店取引先とは異なる新たな取引先を開拓するために、何度も商談を重ね、時には飛び込みの商談も。オープン1年前ぐらいからは、店舗の設計図面と格闘し、取引先、当社内監(工事)担当との調整に四苦八苦。そしてオープン半年前からは開業販促を詰め、特に社内の関連部署との調整や交渉にとても時間が掛かりました。やっとの思いで開業に漕ぎ着けることができた時は、本当に苦労が報われた気がしましたね。感動はもちろんですが、このような責任のある業務を任せてくれた会社への感謝が大きかったです。新本店の開店に携わった約3年半で、ひと回りもふた回りも成長できたと思っています。
百貨店で働くことの魅力を教えてください
売場での販売やショップ・フロアの管理監督、バイヤー、リーシング、販売促進、催事担当など幅広い職種を経験でき、またお客さまや取引先の方など様々な人と知り合って仕事をすることができます。特にお客さまの声を聞いてそれを具現化することができるのは百貨店ならではと思いますね。例えば、欲しいと声が上がった商品を仕入れて売ることができたり、話題になっているショップを誘致したりすることができます。常にTwitterやFacebookなどのSNSをチェックして、ピンときた情報を商品の仕入れやテナント誘致につなげたりもしています。マーケティングだけではなく、個性やセンスも発揮できる、多くの可能性のある仕事だと思います。
今後の目標や、これから取り組んでみたいことはありますか?
どんな商業施設でもオープンから日が経つと、コンセプトが世間と噛み合わなくなってくるものです。その際に行う商業施設の大規模リニューアルを手掛けたいです。現状を見極め、コンセプトやMDなどを再構築。フロア割りをして、テナントを誘致するところまで、もちろんひとりで行うのではなく、チームをつくって計画を練り上げたいですね。最終的には全館リニューアルを行い開業まで漕ぎ着ける、とても夢のある仕事です。考えただけでワクワクしますね。

オフタイムはどのように過ごしていますか?
休日は、家族と過ごす時間を大切にしています。仕事のことは考えず、子供達と公園などに必ず出掛けていますね。ランニングが趣味なので、平日の早朝や休日に時間を作って走っています。オフのときに頭も体もすっきりしておかないと、良いアイデアは産まれないし、取引先との会話も弾みません。年間3度ほどフルマラソンにも出場。同じ業界の人とマラソンを通じての交流もあります。
どのような方に入社してもらいたいですか?
自分の考えを持っていて、はっきり意見が言える人。上から言われたことをすることはもちろん必要ですが、信念を持って意見できる人に入社してもらいたい。次に好奇心旺盛で、リスクを恐れず積極的に挑戦できる人。どうせうまくいかないからと、最初から行動しないのではなく、どんなことでも一歩踏み出してみなければわかりませんよ。百貨店はお客様、取引先をはじめ、様々な人と関わる仕事です。人と人とのコミュニケーションを大切にできる方と働きたいですね。

婦人ヤングバイヤーを担当していた際に、「スーツミックス」という近鉄百貨店オリジナルスーツショップの立ち上げを任されました。時間が余りない中、スーツの基礎から勉強し、売れ筋やトレンドを検証、製造メーカーと何度も打合せを行い、発注から納品、店頭展開など、すべて行いました。
3月にオープンすると、入学・卒業の需要と重なり、ショップは大盛況。売れるかどうかとても不安だったのですが、逆に売り切れがでるほどでした。店頭応援に入っていた際、入学式用のスーツをお買い求めに来られた母娘のお客さまを接客することがありました。一生懸命商品説明をしたところ、スーツ上下とブラウスをご購入。イチから苦労して作った商品を私の接客で納得して買っていただいたことに、とても感動しました。

TOP