• ENTRY
  • MY PAGE

新卒採用トップ > 百貨店の仕事・先輩からのメッセージ

百貨店の仕事

  • 職種紹介
  • 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

自分一人ではできないことも、周りの支えや助けによって解決できる 日根野谷 真司 営業統括本部 自主事業部 係長 2003年入社

1日のスケジュール

現在の仕事内容は?
本店及び各店のハンドバッグの商品担当をしており、自主売場の売場構成や品揃えを計画しております。具体的にはテーマカレンダーに基づいた重点商品を取引先との打合せや展示会で選定することや月次の営業計画の策定をはじめ、週次の売場図面やフリースペースでのイベント計画に日々取り組んでいます。また、折込媒体やホームページへの情報のアップといった販促活動や他部門との協業、外商催事の計画・運営を行っています。
1日の仕事の流れを教えてください。
午前中は、主に売場を巡回し、お客さまニーズの把握のため、各店の店長やスタッフにヒアリングしています。昼食後は、商品の動向や取引先との商談、会議などが入り、市場動向の分析のため、定期的に他店を見学しています。
入社からの現在までの経歴は?
入社後、本店ハンドバッグ売場に配属され6年間勤務し、その後婦人靴売場に異動しましたが、 再びハンドバッグ売場の係長として戻りました。社員・販売員の管理、売上や商品の在庫管理などの業務を行い、2016年に現部署へ異動となりました。
これまでの仕事の中で印象に残っているエピソードは?
ハンドバッグ売場担当時に、お客さまからオーストリッチ長財布のしみ汚れ修理を承りました。修繕の大変難しい汚れで、どの取引先・修理会社も修理不可との返答で諦めかけていましたが、日々の仕事の中で修理などの相談にのっていただいている専門のアドバイザーの方が、修繕できる会社をみつけてくださいました。その会社に依頼すると、しみ汚れが嘘のようにキレイに修復。お客さまにご返却したところ、大変喜ばれ、感謝のお言葉をたくさんいただきました。自分一人ではできないことも、周りの方の支えや助けによって解決できるという貴重な経験でした。
百貨店の仕事で感動した体験を教えてください
入社後に配属されたハンドバッグ売場で、100万円のクロコダイルバッグを初めて見た時です。高級品ならではのクオリテイに感動しましたね。ほかに豪華客船を貸し切ってのクルージング販売会など、百貨店ならではの販売スタイルにも最初は驚きました。外資系高級ホテル販売会の売場図面を担当した際には、非日常を感じさせる、華やかな雰囲気のなかでお客さまに接することで大いに刺激を受け、「百貨店の販売」という仕事の奥深さを感じました。
百貨店で働くことの魅力を教えてください
モノを介したヒト(お客さま)との出会いですね。売場で実際にお客さまの顔を見て接し、生の声を聞いて、ニーズを収集し、売場の品揃えに反映させる。また、そのお客さまのニーズを取引先へ伝え、新しいモノづくりに活かしていただく。食料品・ファッション・宝飾品まで、あらゆる商品を通じて、お客さまにご満足していただく。これが百貨店の仕事の魅力です。

今後の目標やこれから取り組んでみたいことはありますか?
ある程度計画された売場での販売業務が主でしたが、自主事業部に所属する現在は自ら計画・立案することが多くなりました。購入後のアフターケアや次の来店時に便利な情報を記載したオリジナルカードもそのひとつ。このような接客の質を向上させる独自のサービスを今後も考えていきたいですね。また何が売れているかという視点ではなく、どのようなお客さまが何を購入されたかを分析し、魅力あるサービス、品揃えでお得意さまになっていただけるようなプロモーションを企画していきたいです。
オフタイムはどのように過ごしていますか?
取引先が休みの土日は商談ができないので、どちらかは積極的に休みを取るようにしています。当社は年に4度、連休を取得できる制度があり、連休が取れた時には、仕事を忘れてリフレッシュできるように、旅行へ行くことが多いです。3年前は10連休を取得できたので、石垣島へ行きました。

どのような方に入社してもらいたいですか?
何事にも一生懸命に取り組める方に入社してもらいたいです。そのような方は「お客さまに満足していただくために何ができるか」を考えられるから。この姿勢を持ち続けている人は、応援してあげたくなりますし、何かあった際には周囲の人が必ず助けてくれるはずです。

TOP